ある静かな森の奥に、

一匹のオオカミが住んでいました。

オオカミは、散歩をしたり昼寝をしたり

毎日のんびり暮らしていました。

オオカミは、だいたいいつもひとりでしたが、

それが自分には合っているし、

川のほとりに住むカエルくん以外には

ほとんど友達もいませんでしたが、

それでかまわないと思っていました。

オオカミには考えることがたくさんあったし、

森の奥でも楽しみをみつけることができましたから。

けれど森の冬は、寒くて、暗くて、静かです。

世界中で自分だけが生きていて、

みんな寒くて死んでしまったのではないかと心配になります。

そんな時オオカミは「みんなーー元気ですかーーー!」

と叫んでみることがあります。

みんながその遠吠えにふるえ上がっているなんて

ぜんぜん知りませんでしたが。

それでもようやく長い冬が終わり、雪が溶けて花が咲き、

小鳥が鳴き、虫がもぞもぞ動き出すと、

オオカミは嬉しいような、

悲しいような不思議な気持ちになりました。

毎年、春が訪れたこの時期にオオカミは少しだけ、

ひとりぼっちが寂しいと思うことがあるのです。

今日はもう春だと思ったのに、花びらと一緒に雪が降ったので、

カエルくんが寒くてオオカミのうでの中でふるえていました!

だからオオカミは寂しくはなかったけれど、

カエルくんを起こすのが少し早かったかと申し訳なく思いました。

明日は暖かくなるといいね、と話しました。

 

つづく

©2020 tail effect